中国から輸入しヤフオクで売る。『在宅中国貿易』

             zaitaku.jpg

>>『在宅中国貿易』について見る<<


不景気の今、ヤフーオークションで

家の不要になったものを売って、

お小遣い稼ぎをしているという方は

多いのではないでしょうか。

>>ヤフオク使って中国貿易<<

しかし、家の不要なものといっても限度はあります。

しかも、安く落札されてしまっては手間がかかるだけで、

割に合いません。

ヤフーオークションをもっと賢く

利用したいのなら、ぜひ『在宅中国貿易』の

ホームページをご覧下さい。

>>『在宅中国貿易』について確認する<<

子供保険に加入する時期

子供保険に加入する時期としては、子供保険に加入すると決めたら、できるだけ早いほうがお得となります。子供保険は貯蓄が目的なので、加入時期が早ければ早いほど、毎月の保険料も軽減できるし、返戻率も良くなります。

現在の子供保険の加入時期の割合は=0歳時加入=がもっとも多くなってきています。最近の子供保険では、出生前加入と呼ばれる、子供が産まれる前から加入できるタイプ(各保険会社によって加入条件はあります)もあります。



>>保険についてもっと詳しい情報はこちらから<<


子供が産まれてからでは子育てなどに忙しくなり、ゆっくりと検討できなくなり「そのうち、そのうち・・・」となりがちな親御さんも多いようなのですが、加入する、しないは別として、子供が産まれる前から子供保険について検討してあげましょう。

現在の子供保険は各保険会社によって内容はいろいろなので、子供(被保険者)の加入年齢が何歳まで加入できるかは一定ではありません。なかには、親(契約者)の加入年齢が制限されている商品もあるようです。(契約者)といえば親がほとんどですが、おじいちゃんやおばあちゃんを(契約者)として考えている方もいるようなので、加入の際には確認が必要でしょう。



>>保険についてもっと詳しい情報はこちらから<<

女性保険というのは

女性保険というのは、女性特有の病気に備えるための、女性専用の保険のことを言います。女性特有の病気以外のケガや病気のときでも、入院給付金や通院給付金などが受け取ることができます。女性特有の病気にかかったときには、それ以外の病気の時よりも手厚い保障が受けることができます。

女性保険では、女性特有の病気である、乳がんや子宮がんなどのガンと診断された場合に、一括でまとまった給付金を受け取ることができたり、女性特有のガンによる入院や手術の給付金のほうが、女性特有のガン以外で受け取る給付金よりも増額して受け取ることができます。

女性保険には、大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつめは、定期タイプという、保険期間があらかじめ決められていて、その保険期間の間だけ保障が受けられるもの。ふたつめは終身タイプという、保険に加入してから亡くなるまでの一生涯を保障するものです

女性保険の中には、一定期間ごとに、あらかじめ決まった額のボーナスがもらえるものや、女性が抱える健康上の不安などに答えてくれる相談窓口を開いているものなどもあります。女性保険には、いろいろな種類のものがあるので、それぞれの女性のライフスタイルに合わせることができると思います。

子供保険 貯蓄

子供保険は教育費を貯蓄するためのものですが、そもそも教育費とはいったいいくら位かかるものかご存知ですか?大学まですべて公立で進学しても総額1000万以上にもなるといわれています。すべて私立で進学した場合は2000万以上にもなるそうです。

幼稚園から始まり、小学校に入ると学校関係の教育費用のほか、塾・習い事などの学校外教育費が増えてきます。中学校に進学すると、公立と私立の差が年間で80万〜90万にもなるという統計も出ています。

大学までのエスカレート進級や、公立とは違う独自性の強い私立への進学を希望する傾向が高まっているようです。これには少なからず親の希望も入っているのではないでしょうか?親にしてみれば、可愛い我が子のためには多額の教育費はいたしかないところなのでしょう。高校では、年間40万〜50万の差がでるようです。塾のほかに予備校・受験代もこの時期にはかなりの出費となります。

しかし何といっても大学入学〜卒業までが一番高額な金額となるそうです。受験料のほかに遠くの大学を受ける時の交通費や滞在費、国公立と私立の差、自宅通学者と自宅外通学者の生活費の差、色々なケースはありますが、年間で150万〜200万の差があるというデータもあります。奨学金などを受けたとしても親の負担はかなりのものになります。子供保険は進学時に必要なまとまった資金に充てる為のものなので、全体の教育資金の「足し」という考えでいましょう。

子供保険の保険料

子供保険を選択するする時に、毎月の保険料を考えなくてはいけません。いくら子供のためとは言え、子供保険の月々の支払額が家計の負担になるようではいけません。子供保険は長いもので22歳まで支払い続けなければならないのですから長い目で考える必要があります。

子供が小さいうちはそれほどお金はかかりませんが、中学・高校とすすんでいくと、教育費も考えていた以上にかかってきます。せっかく教育資金を貯めるためにこつこつと頑張ってきても、途中で払えなくなり、解約なんてことになっては、意味がありません。払い込んだ年数にもよりますが、ほとんどは元本割れになってしまうでしょう。

子供保険とは、満期まで掛け続けてこそ意味のあるものなのです。ですから、毎月の保険料は、10年後・18年後の将来を見据え、月収や年収などを充分に考えて決定しましょう。

子供保険の支払い方法には、月払いのほか、半年払い・年払い、一時払いという方法もあります。ボーナスでまとめ払いができる余裕があればこの支払い方法を考えてもいいでしょう。なぜなら、月払いも年払いも子供保険満了時の満期金は、まったく変わらないのに、保険料が割引きになる年払いのほうがお得だからです。保険会社は払い込まれた保険料を満期まで運用しているため、まとまった年払いのほうが長くなるために保険料が割り引かれるのです。

保険選び

子供保険の選択肢として、満期時期で選ぶこともできます。子供保険は一般的に18歳満期が一番多いですが、保険会社によっては、17歳満期・20歳満期・22歳満期があります。

大半の家庭では、大学進学時の入学費用に満期金を充てたいと考えているようです。それならば、17歳満期か18歳満期にするべきでしょう。しかし、一般的な18歳満期を選択するときは受け取り時期を確認してください。小学校・中学校などの祝い金給付も同様です。保険会社によっては入学金の振込み時期に間に合わないということもあるからです。なかには、満期年齢の前年11月に受け取れるよう配慮している保険会社もあるようです。

予備の資金があれば問題ありませんが、祝金の受け取り時期は事前に確認することをおすすめします。22歳満期を選んでも、大学進学時に祝い給付金が受け取れるタイプのものであれば、大学進学時の入学費用も十分まかなえると思います。

その他の子供保険の選択肢として、保障内容で選ぶことも大切です。子供保険を掛ける前に、現在の契約者(親)・子供の保障内容を整理してみましょう。すでに死亡保障・医療保障が十分にカバーできているのであれば、ほぼ同じ内容の保障を二重に掛ける必要はありません。その場合、子供保険は保障重視型よりも、できるだけ返戻率の高い子供保険を選ぶようにするべきでしょう。

子供保険のタイプ

子供保険には、貯蓄重視型・保障重視型・貯蓄重視型+保障重視型 の3タイプがあると言われています。 子供保険本来の目的である、教育資金積み立てに重視した「貯蓄重視型」がやはり人気が高いようです。
 
貯蓄重視型といわれるタイプは、満期までの総払い込み保険料よりも、受け取り総額が上回るタイプの子供保険です。ただし、低金利の時代には、わずかな返戻率になってしまうこともあります。貯蓄が目的である以上、元本割れのしない子供保険が選ばれているようです。
 
貯蓄重視型の子供保険は、保障面で考えると契約者が万が一などの時に、その後の保険料の払い込みが免除され、満期までの保障はそのまま継続されます。契約者は通常収入の多い夫のケースが多いので、共働きでない家庭で、契約者である夫が亡くなったときに、保険料を払わなくても保障が続くというのは本当にありがたいものです。
 
反面、子供が万が一亡くなった場合の保障は、亡くなった時までに払い込んだ保険料相当額が戻ってくるだけとなっています。保障と貯蓄を別々な保険として考えるのは、少し割高にはなりますが、子供保険の意味から考えても、元本割れのしない、貯蓄重視型を考えたほうがいいでしょう。

保障重視型プラン

子供保険の保障重視型のプランというのは、契約者(たいていは親)に万が一のことがあった時に、その後の保険料の支払い が免除され、満期までの保障金額が約束されます。プランによっては、満期まで、毎年、育英年金が受け取れるものもあります。育英年金(養育年金)とは、保険期間中に契約者が死亡または重度の障害になった時に、満期までの残りの期間中、年金という形で育英費用として受け取れるものです。
 
子供本人の保障もあり、病気やケガで入院・手術をした時に給付金を受け取れる子供医療保険、子供の死亡給付金の支払いがセットされたものもあります。
 
これらの子供保険の保障は、ほとんどが「特約」という形でパンフレットなどに記載されています。「教育資金ももらえて、万が一の時の保障もついていて安心!」と思うかもしれませんが、タダでついている訳ではありません。

特約とは基本保障につけるオプションなので、保険料も上乗せされているのです。このように、子供保険にはいろいろな特約があるので、各保険会社での確認をするべきです。最近の子供保険は貯蓄性も低くなり、元本割れするものも多くなって きました。原因は特約部分の保険料が上乗せされているからでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。